コストパフォーマンスで考えて導入するWEB会議

遠隔地での会議を可能にするためのシステムとして代表的なものにWEB会議とテレビ会議があります。

どちらもネットワークを活用して通信を行うことにより映像と音声を共有し、遠く離れた場所にいる人達で会議を行うことができるのが特徴です。

これだけは知っておきたいWEB会議情報はすぐに役立ちます。

経費削減のために遠隔地でも会議ができるシステムを導入しようと考えたときにどちらを選ぶべきかで悩む倍がありますが、一般的にはコストパフォーマンスを考えるとWEB会議に軍配が上がります。WEB会議が優れているのは導入費用がほとんどかからないことです。


通常はWEB会議を提供している業者のサーバーを利用することができて、サーバーにアクセスしてシステムを利用するための費用を毎月支払うという形で使用します。そのため、会議を実施するために必要なのはパソコンなどの通信機器だけであり、必要に応じてマイクやカメラなどを購入することになるだけです。
これに対してテレビ会議の場合には会議室に設備を整える必要が生じます。

カメラやテレビ、マイクなどの設備を一通り揃え、場合によっては配線工事も行わなければならないことから導入費用が嵩んでしまうのです。


月額利用料はかからないこともありますが、導入した音響機器や映像機器についてはメンテナンスや買い替えが必要になります。



そのランニングコストを考慮すると費用が安くなるのはWEB会議になることが多く、目的が経費削減である場合には優れている選択肢になります。