WEB会議とは?メリットとデメリット、活用方法

WEB会議とは、遠隔拠点とインターネットを通じて映像・音声のやり取りや、資料の共有などを行う会議のことを指します。

WEB会議を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

この会議では遠くにいる人ともやりとりが出来るので、相手の会社に出向く必要がなくなり移動コストがかからないというメリットがあります。
また会議に必要な資料のデータを電子通信で送ることができるので、事前に資料を印刷する必要がなくなり、ペーパーレスに繋がります。

従来のメールや電話でのやりとりに比べるとお互いの顔を見て話すことが出来るので、スムーズに意思疎通ができる点もメリットの一つです。

逆にWEB会議にもデメリットがあります。

インターネット回線が不安定だったり、機械設備が不調だったりすると、相手の音声が途切れ会議の進行の妨げになる懸念もあります。



またその場で直接顔を突き合わせて話すわけではないので、相手の理解度を雰囲気で推し量ることは難しいというデメリットもあります。

「WEB会議と聞くと準備が面倒だ」と感じるかもしれませんが、準備に必要なものはインターネット回線とパソコン、WEBカメラ、マイク、スピーカーだけと初期投資があまりかからないので、どの会社も気軽に導入できるようになっています。
またWEB会議専用のアプリケーションツールも利用できるので、設定にも困りません。
WEB会議は社内外の会議・ミーティング、社内研修、Webセミナー、カスタマーサポートなど様々な場面で活用できるので、興味のある個人・会社には是非おすすめします。